採用情報
センパイたちの応援メッセージ

現場で活躍中の若手・中堅社員たちが、仕事内容、やりがい、将来の目標などを自由に語っています。


生産技術部生産合理化G
輪寳 徳昭
Noriaki Rinbo
14年目(32歳)
 電子科

最新の知識を吸収できる、社員教育にも熱心な会社

 モノ作りに興味があった僕は、車よりも大きな建機を作る会社だということに興味を持って入社しました。設備投資もしっかりしていて、仕事を通して最新の技術や知識を知ることができるので、勉強になります。僕は入社後、コマツの高等専門学校へ2年間出向させていただいたのですが、コマツの高等専門学校では、他のコマツの工場や関係会社の人たちとともに学ぶことになります。おかげで専門外のことを含め幅広い知識と、人脈を得ることができました。色々な会社の色々な人が一緒に学んでいるので、各分野の人とつながりができるんです。おかげで、今でも仕事上で専門外のわからないことが出てくると、電話をして尋ねたりします。そういうネットワークが出来たことも仕事に役立っています。こうした制度も含めて、社員教育に熱心な会社だと思います。モノ作りには知識と技術が必要なのはもちろんですが、それをきちんと身につけることができる会社なのが強みです。

業界No.1のやりがい

 現場の社員も前向きで、皆でひとつのものを作っていくという連帯感があります。3年くらい前に、一度中止になった計画があったのですが、それから皆でいろいろな案を出し合い、当時は「無理」だと言われたことをどうすれば実現できるのか、作業する人の力も借りて量産につなげることができました。技術や知識が向上したことで、3年前は無理だったことも出来るようになったこと、皆で協力しあって目標を達成できたことがとても嬉しかったです。一度だめだったことでも、諦めずに取り組んでいけば道が開けるということがわかり、自信にもつながりました。
 今は世界No.1のCAB生産のラインを目指し、プロジェクトチームを組んで新たな塗装ラインの導入に取り組んでいるところです。会社一丸となって取り組んでいるプロジェクトなので、業界No.1の塗装ラインを作りたいと思います。